2018.09.14

DCT(デュアルクラッチトランスミッション)

さて、今回買った NC750X ですが、DCTモデルです。

そう、クラッチレバーのないオートマチック。
バイクが勝手にギアチェンジをやってくれます。

クラッチ操作がなくてラクだよーとか、
機械がやってくれるギアチェンジが賢いよーとか、
この辺りの情報は買う前からネットで見ていたし、だいたい予想通りでしたのでさほど驚きはしませんでした。

が、それ以外に非常にビックリしたのがコレ!

クラッチ操作は想像以上にストレスになっている!

これは、なくなってみて初めてわかることですね。

クラッチ操作は無意識にやっているつもりでも、実は相当脳ミソを使ってるのがハッキリわかりました。

ギアチェンジから開放されると、その分注意をよそに向けられるようになって、より安全に走れるようになったと実感してます。

これはDCTの大きなメリットだと思いますね。

自分でギアチェンジしなきゃ面白くない、という人がいるのもわかります。
結局、どこに重点を置くかということでしょう。

ラクに、安全に、旅を楽しみたい方には DCT オススメです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.12

なぜ NC750X か?

NC750X の前に乗っていたのは、CB400SF でした。

これは大変良いバイクで、4気筒の滑らかさ、官能的な排気音、圧倒的な乗りやすさ、どこをとっても欠点を見つけられない優等生でしたが、ちょっと疲れを感じ始めてきたんですね。

1~2時間、集中して走るときはいいんですが、一日乗っていると疲れて、走るのがめんどくさくなってくる。

そんな感じで、だんだんちょい乗りしかしなくなり、なんかもったいないなあ、と。

次のバイクを検討する中で、最初は MT-07 か SV650 にするつもりでした。
でも多少乗り味は違ったにしても、結局は CB400SF の延長線上にあるんじゃないか?と思うようになりました。

自分が欲しいのはどんなバイクなのか?と考えてみると
「ゆっくり走っていても気持ち良いバイク」なんですね、結局。

となると、まず頭に浮かぶのは ハーレー。
しかし、いろんな意味で ハーレーを維持するのは覚悟がいる・・・。

そこで浮上したのが、NC750X だったんです。
そして、その選択は間違っていなかったと思います。

ハーレーほどではないけれど、270度クランクのロングストロークツインは低回転域で心地よい鼓動があって、ゆっくり走っていても楽しい。

そして、なんといっても DCT!(デュアルクラッチトランスミッション)

これについては次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.11

NC750X 買いました

バイク買い替えましたー。

NC750X Dual Clutch Transmission〈ABS〉 E Package(長w

16年モデルの中古です。色は赤。

さあ、これに乗ってどこ行こう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.15

久しぶりに

うーん、完全にブログから遠ざかってました。
またぼちぼちと書いていこうと思います。

続くといいな。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

フリード購入

自家用車を買い替えました。
旧型フリード(GB3)から新型フリード・ホンダセンシング(GB5)への乗り換えです。

下取りに出す旧型フリードは7年、6万キロ乗りました。
まだまだ現役ですが、衝突回避などの安全装備が何もないし、どうせ乗り換えるなら値がつく内に、と。

ちなみに購入する新型の方は、新車じゃなくて中古です。
試乗車上がりの、1年落ち走行距離 5千キロのもの。
一応新車の見積もりも取ったけど、ちょっと手が出なかった。(;_;)

ホンダセンシングの各種機能はまだ試してませんが、きっと便利に使えるでしょう。

大事に乗りたいと思います。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.28

ビビり音 CB400SF

CB400SF の一番の魅力は、やっぱり滑らかな4気筒エンジンだと思うんですが、4千~5千回転という結構よく使う回転数で、なんか「雑味」というか細かな振動みたいなのが出て、気になっていたんですよ。
ちょっと不快な感じがあって気持ちよくないので、その回転数を避けて走るようになりがち。

どこが振動しているのかよくわからず、これはもうこのバイクの宿命だろうと諦めていたんですが、先日、メーター辺りから「ブーン」というか「ビーン」みたいな音が出ているのを発見。
試しにメーターを手で押さえてみると、ピタッと音が消えて雑味のない滑らかな吹け上がりに。

うおッ?
単にメーターが共振してビビリ音が出ていただけだったのか。

ちょうどこのビビリ音がマフラーの排気音と混じり合うような音だったので、気づくのが遅れました。

というわけで、対策。

メーターの噛み合わせの甘い部分に、厚さ1ミリ程度のゴム板を挟みました。

これだけでビビリは消えて、気持ちよくアクセルを回せるようになりました。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.02

ブレーキ警告灯 E90

先日、走行中に突然こんな警告がでました。

IMG_20171021_142231


なんだこれ?
ブレーキ関係の故障?

さすがにこれはちょっと怖い。
ただ、この時は地元ではなく東京を走っている時だったので、都内の最寄ディーラーへもって行きました。

この警告を見た営業の方が言うのに、
おそらく〇〇〇の故障でしょう。
ABSは効きませんがそれ以外は問題ないので、注意して走って帰って、地元のディーラーに見てもらったほうが良いのでは?

うむ。
確かに東京に車を置いていけば、電車でまた取りに来なくてはならないし。
じゃ、そうするか・・・。

営業さんに礼を言って、帰りがけに
「ちなみに修理代はどのくらいですかねえ?」
と訊いたら

まあ、30万円くらいでしょう。(^.^)


あわわわ・・・(''Д'')
おいおい、爽やかな笑顔で言う金額ちゃうで!

ま、延長保証に入ってるからいいけどさ。
保証期間が切れたらマジに乗り換えを考えないと。

しかし、東京のBMWのディーラーはスゴイね。
クルマ乗り入れたらイケメン営業が飛び出てくるし、キレイなおねいさんが薫り高いコーヒーをスッと出してくれるし、建物もデカくて豪華だし、帰りは誘導&最敬礼で見送ってくれるし、地元のディーラーとはエライ違いでした。

こういうところに出入りしている人は、30万円くらいの修理代は屁でもないんだろうなぁ、と思っちゃいました。(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.17

Pebble Time で LINE の通知が来ない?

ここ一年くらい、Pebble Time というスマートウォッチを使っています。

これが実に便利。
特に、通知機能がステキで、電話の着信やSNSなどの通知が手首のバイブでわかるので、スマホは常にマナーモードにしておけます。

IMG_20171017_111900僕の場合、通知の中でも一番頻度が多いのが LINE で、最近では仕事の連絡も LINE で来ることがあります。

LINE の通知が来ると、こんな感じに「相手の名前」と「内容」が表示されると同時に、バイブがブルブルッとくるので、どんな時でも見逃すことがありません。
(バイブの振動パターンもいくつかあって選べるしバイブ自体が結構強力。)

んで、大変便利に使っていたこの Pebble Time なんですが、ある日以降、LENE の通知がパッタリと届かなくなってしまいました。
通知が来なくなったのは LINE だけで、メールなどの通知は来るんです。

本体を初期化したり、いろいろ手を尽くしましたが原因がわからない。
一か月ほど様子を見ましたが治らないので、もういっそ、別の機種に乗り換えようか・・・と思っていたところ、ついに原因がわかりました。
(スマホは huawei の P10 を使っています。ほかの機種では現象が違うかも知れません。)

Screenshot_20171017-094107LINE の設定の中にある、この「メッセージ通知の内容表示」というチェックをオフにすると、Pebble Time に LINE の通知が来なくなります!

これは、LINE が来た時に、スマホの画面上に内容まで表示させるか、単に「新着メッセージがあります」とだけ表示させるかを選ぶためのチェックボックスです。

スマホを置いたまま自分が席を外しているときに、誰かに LINE の会話を見られるのがイヤだったのでここをオフにしたんですが、うーむ、これが原因だったとは。

誰か、同じ現象で悩んでいる人がいるかもしれないと思ったので、ここに書いておきますね。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.12

ウインカースイッチ グロム

グロムで気になる点の一つが、ウインカーのスイッチ。
例の、最近のホンダ車で使われている、ウインカーとホーンの位置が逆になってるアレですよ。

ホーンが上、ウインカーが下って配置は確かに押しやすいんですが、これに慣れちゃうと、他のバイクに乗った時に押し間違えが多発します。
ウインカーをキャンセルするつもりが、ホーンを鳴らしちゃうとか。
間違えないまでも、どっちだっけ?と頭で考える時間が入るので、一瞬タイミングが遅れるし。

というわけで、ウインカーのスイッチボックスを他機種のものに変更することにチャレンジしてみました。

こちらのページを参考にさせていただき、ほぼこの通りに作業しました。
ありがとうございます!

用意したものは
カワサキ純正 ハウジング アッシー コントロール 左 46091-0118
ハリケーン 車種専用延長ハーネス HD1109
ArisProject CF12 ハイフラ対応ウィンカーリレー
エーモン 平型端子セット(スピーカー用) E434
あとは配線するときの小物ちょこちょこ。

   

実際の作業がこちら

IMG_20171004_074135 まず、純正のケーブルをよく観察して、出来上がりが同じ長さになるように、カワサキのスイッチボックスとハリケーンのハーネスを途中でちょん切ります。
IMG_20171004_082108 次に、こちらの配線図の通りにハーネスをつなぎ合わせます。 ちなみに、ホンダ側の14本のラインの内、2本は未使用なのでテープで絶縁しておきます。
僕はいきなり繋ぐのが怖かったので、まずこの写真のように簡単に繋いでテストをしました。
注意点としては、ハリケーンの延長ハーネスは、ホンダ純正のハーネスと配色が違いますので、コネクタのピンの位置を見ながらハーネスの色を読み替える必要があります。
IMG_20171006_193136

すべてが問題なく機能することを確かめてから、熱収縮チューブで絶縁しながらキチンと繋ぎました。
結線はハンダではなくて、このようなスプライスを使いました。 
また、カワサキのスイッチボックスには、ハンドルの穴にはまる突起がありますので、ハンドルに新たに穴を開けるか、突起を削る必要があります。     

IMG_20171008_095747

ついでに、キーに連動してオンになる電源を取っておきました。

配線図のホンダ側の黒色で書かれたラインからプラスが取れます。
(ハリケーンでは黒ではないので注意)

IMG_20171008_083704

これはクラッチスイッチ。
エーモンのスピーカー用の端子を利用して作りました。

平型端子 110型 オス 2本 、
187型 メス 2本が必要となります。

IMG_20171008_095654

出来上がり♪

ハイ、ロー
パッシング
ホーン
ハザード(要リレー交換)
すべて機能します。

 

パーツ代だけで1万円以上かかってますが、純正に戻すつもりがないならば、ハリケーンのハーネスは要らないし、カワサキの中古のスイッチボックスが手に入るならば、もっと安くできそうです。

今回の作業で、 ウインカースイッチの位置が変更できたことも大きいですが、ハザードが付いたのがうれしい。( ^ω^ )

グロムのウインカーに不満を感じている方、オススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.11

タイヤ交換 グロム

もともとついていたタイ製造の純正タイヤが、濡れた路面で猛烈に滑るので、思い切ってタイヤを交換しました。

IMG_20171011_073740グロムでは定番となっている感じの、ミシュラン シティグリップ。
ウェット路面にも比較的強いらしいです。
MICHELIN(ミシュラン) CITY GRIP 120/70-12 51P 130/70-12 フロント/リア前後セット55977 タイヤ

雨の日に積極的に乗るつもりはないんですが、出先で雨に降られる時もあるし、山道なんかでは路面が濡れていることが結構多いですからね。

費用は工賃込みで 2万円弱でした。
こんなもんかな?

いやー、新品タイヤはやっぱり乗り心地がいいね!
ゴムの柔らかさが感じられますよ。
これが持続すればいいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«グロムでちょいツーリング グロム